Plus Life

世界に飛び出しライフスタイルに新たな刺激と感動を

日本から4時間半! セブ島英語留学 資料のダウンロードはこちら

2015/04/15 最終更新 2015/12/13

英会話スクールと語学留学の費用対効果を比較してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
14238727389_fff16c99c8_z

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

英会話スクールと語学留学はどちらが良いのか?

「今後のことを考えると英語力は必要だと思う。」
「TOEICなど資格ではなく、実際に使える英語力(会話力=スピーキング力)を伸ばしたい。」

このように考えている方は多いと思いますが、みなさんご存知の通り、独学でスピーキング力、英会話力を伸ばすことは難しいですよね。

そこで、プロフェッショナルから英語を教わろうと考えます。

パッと思いつく英語学習の代表的な方法には、語学留学と英会話スクールがありますが、どちらの方が費用対効果が高いのか、わかりますか?

というわけで今回は、語学留学と英会話スクールの費用対効果を比較して、検証してみたいと思います。

ちなみに、言語学者Stephen Krashenが提唱した仮説によれば、第二言語の習得はインプット量(どれだけ知識を溜め込んだか)に比例するとされています。

そこで、語学留学と英会話スクールの費用対効果は、費用に対して、どちらのほうが効率良くインプット量を増やせるかを考えていきます。

費用対効果比較1.語学留学と英会話スクールのインプット量

私たちの業界ではよく「1年間の語学留学は、英会話スクールに30年間通うことと同じくらいのインプット量」と言われています。これを検証します。

1年間語学留学をした場合のインプット量

もちろん学校によって、授業料は違うのですが、1日6時間週5日の英語学習を1年間続けた場合の学習時間を計算すると以下の様になります。

6時間授業 × 週5日 × 4週間 × 12ヶ月 = 1,440時間

1年間大手英会話スクールに通った場合のインプット量

次に、ある大手英会話スクールの時間割を元に、1年間の学習時間を計算すると以下の様になります。

1時間授業 × 週1日 × 4週間 × 12ヶ月 = 48時間


つまり、週1回の英会話スクールを30年間続けると、ようやく1年間の語学留学の学習時間と同じになります。

単純なインプット量では、やはり英語学習を集中して行える語学留学の方が、圧倒的に多いことがわかります。英会話スクールでの英語力上達には長い道のりがかかりますね。

費用対効果比較2.語学留学と英会話スクールの料金比較

ではもう1つ。こちらもよく言われている「語学留学よりも英会話スクールのほうが約5.4倍高い」を計算してみます。

アメリカ留学|1時間当たり1,400円の費用

例として、アメリカへ1年間語学留学すると1年間で、約200万円ほどかかると言われています。200万円は語学留学の総費用のことで、航空券代金、保険、語学学校の授業料、滞在費などを含みます。

では、200万円を先ほど計算した1,440時間(英語授業の時間)で割ってみましょう。

200万円 ÷ 1440時間 = 1388.88…円/時

およそ1,400円/時となります。

英会話スクール|1時間当たり7,500円の費用

一方、ある大手英会話スクールの1時間あたりの料金は、7,500円/時です。

7,500円/時 ÷ 1,400円/時 = 5.35…

つまり、語学留学よりも英会話スクールの方が、約5.4倍高いということがわかります。

英会話スクールより、語学留学をする方が費用対効果は高い!

効率良く英語力を伸ばすために費用対効果が高い方法は、語学留学だということがわかりました。

実際に計算してみると、語学留学は、英会話スクールに比べて、価格は1/5以下、1年間のインプット量が30倍と圧倒的な差になってしまいます。

ただし、語学留学は現地での生活費が必要ですし、生活に慣れる必要があります。日本での生活に比べて、現地の生活が高いか安いか、利便性が高いか低いかという比較も必要ですね。

また、会社が支援してくれるのであれば良いのですが、自分の意志だけで語学留学を決めてしまうと、長期休業を取得したり、場合によっては仕事を辞めることも考えなければいけません。

反対に、英会話スクールは、日本で仕事をしながら通えるメリットがありますし、生活のリズムを変えたり、それによって感じるストレスはありません。

いずれにせよ、英語力を高めるということは、自分の将来・キャリア設計を考えた上で、選択肢の1つになることは間違いありません。

私は思い立ったが吉日。短期集中で、勉強できるうちに早めに英語を習得してしまうことをおすすめします。

というわけで、今回のお話を今後の選択の参考に役立ててください。

Photo:which way? By arileu

  • このエントリーをはてなブックマークに追加