Plus Life

世界に飛び出しライフスタイルに新たな刺激と感動を

日本から4時間半! セブ島英語留学 資料のダウンロードはこちら

2016/04/30 最終更新 2016/04/09

【楽しく英語学習】最高な映画の最高な名言教えます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
207942973_eacf3e4798_z

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

英語を学ぶ上で、重要な事はなんでしょうか?単語や文法、リスニングやスピーキングなど大事な要素はありますが、それらを継続して学ぶということが最も重要ではないでしょうか。
しかし、何事においても退屈と感じてしまえば、継続は難しくなります。みなさんも、退屈に感じて三日坊主というような経験がおありなのではないでしょうか。
英語を学ぶ上でも、楽しむという事は非常に重要だと思います。そこでおすすめするのが映画を見ながらの学習です。
今回は年間約100本映画館で映画を見る私が、自信を持っておすすめできる最高の映画の最高の名言をご紹介いたします。映画選びの際の参考にしていただければ幸いです。

『今を生きる』

11232929964_d230bb53b8_z
photo by flickr:Dennis Valente

Carpe diem. Seize the day, boys. Make your lives extraordinary.
「カーペ・ディエム。今を生きろ若者たちよ。すばらしい人生をつかむのだ。」

全寮制の厳格な名門校に赴任してきた、熱血新米教師と生徒たちの心温まる交流を描いた青春ドラマ作品。主演はロビン・ウィリアムズで第62回(1989年)アカデミー賞において、脚本賞を受賞しています。
学生時代にこんな先生に出会いたかったと、思わせてくれるでしょう。超名作です!

『フォレスト・ガンプ/一期一会』

4615915510_000ac260b9_z

photo by flickr:Cristiano Maia

Mama always said life was like a box of chocolates. You never know what you’re gonna get.
「ママがいつも言ってたんだ“人生は食べてみなければわからない、箱に入ったチョコレートと同じ”」

「フォレスト・ガンプ」は主人公の名前で”gump” はアラバマ州の方言で「うすのろ」を意味する。他人より知能指数は劣るが、純真な心と周囲の人々の協力を受けて数々の成功を収めていく”うすのろフォレスト”の半生をアメリカの歴史を交えながら描いたヒューマンドラマ。第67回のアカデミー賞では、作品賞を受賞しています。
鑑賞後は純粋に前向きに生きていこうと思わせてくれる映画です。不朽の名作!

『ファイトクラブ』

10195459815_1edf926927_o
photo by flickr:TraumaAndDissociation

I say never be complete, I say stop being perfect,I say let… lets evolve, let the chips fall where they may
「思うに『完璧』なんかよくない。『完璧』を目指すのはよせ。それよりも進化しよう、どんな結果になろうとも」

監督はデヴィッド・フィンチャー、主演がエドワード・ノートン、ブラッド・ピットという豪華な顔ぶれで制作されたバイオレンスアクション映画です。この言葉は、ブラッド・ピット演じるタイラー・ダーデンが言った言葉です。完璧じゃなくてもいい。挑戦することが大事さを伝えています。
とにかく主演の2人がかっこいいのと、ストーリーも素晴らしい。おすすめです!

『ショーシャンクの空に』

Fear can hold you prisoner. Hope can set you free.
「恐怖があなたを囚人にする。希望はあなたを解放する。希望はいいものだよ。」

4626658318_d0aa1da042_z
photo by flikr:Abhishek Sundaram

ティム・ロビンス、モーガン・フリーマン出演のこの作品は批評家達からの評価が高く、AFIのアメリカ映画ベスト100(10周年エディション)において72位にランクインしており、日本では1995年のキネマ旬報ベストワン(洋画)に選ばれている。この映画を見た人が生涯のベストムービーに選ぶことも多い。
この言葉はまさに劇中の主人公に当てられてた言葉で、たとえどんな状況でも希望を持ち続けていることで自由になれる。希望は良いものだと語っています。
感動すること間違いなしのこの作品。おすすめです!

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は4作品ご紹介いたしましたが、すべて最高と言える作品です。有名なものばかり取り上げたので、全部知ってるという方も多いかもしれないですが、英語の勉強のつもりでもう一度見返してみてはいかがでしょうか。新たな発見があるかもしれません。

キーワード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加