Plus Life

世界に飛び出しライフスタイルに新たな刺激と感動を

日本から4時間半! セブ島英語留学 資料のダウンロードはこちら

2015/05/07 最終更新 2015/12/13

フルーツ大国フィリピンで食べるセブ島南国フルーツ5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5077220310_641ecc36fa (1)

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

フィリピン・セブ島と言えば南国フルーツ!

フィリピンと言えば、バナナのイメージが強い方も多いですよね。

フィリピン産のバナナは、日本のどのスーパーに行ってもよく見かけます。

しかし、フィリピンの代表的なフルーツはバナナだけではありません。日本では見かけない、おいしいフルーツがフィリピン、特にセブ島には、たくさん存在します。

女性なら、フルーツ好きは多いはず!私も大好き!みんな大好き!

ということで今回は、セブ島行ったら絶対に食べてほしいバナナ以外の南国フルーツを5つ厳選してお伝えします。

セブ島の南国フルーツ1.マンゴスチン|Mangosteen

Mangosteen

マンゴスチンは、日本では馴染みの薄いフルーツですが、19世紀、大英帝国のヴィクトリア女王(1837~1901年)は「我が領土にマンゴスチンがあるのに、これを食べたいときに味わえないのは遺憾の極みである」と嘆いたそうです。

ヴィクトリア女王が好んで食べたことから、マンゴスチンは、「果物の女王」と呼ばれています。

赤紫色の皮を割ると、中から白い果肉が登場。ほどよい甘味と酸味、そしてジューシーな味わいが特徴です。

炭水化物を分解して、エネルギーに変換するビタミンB1が豊富なため、食後のデザートにおすすめです。

セブ島の南国フルーツ2.カラマンシー|Calamansi

2783071277_9595ac9532

カラマンシーは、味、形ともに日本の「きんかん」に似た”ザ・パッションフルーツ”。冷蔵庫に常備しておくと、いろいろ使えて何かと便利なフルーツです。

レモン代わりに焼酎や洋酒に使って作る、カラマンシーサワーはさっぱりしてとても美味しいです。

また、フィリピンは肉料理が多いため、料理をさっぱり食べたいときには、カラマンシーを絞って食べます。

カラマンシーにはクエン酸が多く含まれているため、疲労回復や食欲増進に効果があります。また、ビタミンCが多いので風邪予防や美容効果にも良いそうです。

セブ島の南国フルーツ3.ドリアン|Durian

3687132746_c8054f0173

ドリアンは、「フルーツの王様」や「悪魔のフルーツ」さらには「フルーツの魔王」などと言われています。

強烈なにおいと、一度食べたらやみつきになるおいしさは、まさに「魔王」の名にふさわしい魅惑のフルーツです。

ドリアンはとても栄養価が高く、マグネシウム、リン、銅など、体の機能を維持するために欠かせないミネラル分が豊富。

血液を作り貧血予防に役立つ葉酸や、代謝を促進し血行をよくして冷え性を和らげるナイアシンも、他の果物と比較して多く含まれています。

また、エネルギー変換に必要なビタミンB1は、フルースの中でもトップクラスです。そのため、疲労回復に効果抜群です。

セブ島の南国フルーツ4.ランブータン|Rambutan

2530882404_4d8c0dd1e4

ランブータンは、マレー語で「毛」を意味する “rambut” から名前がつけられたと言われています。名前の通り、赤い毛(?)に覆われたフルーツです。

ランブータンも、日本人には、あまり馴染みがないフルーツですよね。

ランブータンは、ライチのように殻の中に乳白色のぷるぷるとした甘い果肉が入っていて、中に種が1つあります。糖度20度の濃厚な甘さの中に、ほのかな酸味もあって、飽きることなくいくつでも食べられます。

また、ビタミンC・鉄分・カルシウムが豊富に含まれているので、美容や健康のためにも日常的に食べたいフルーツです。

セブ島の南国フルーツ5.マンゴー|Mango

8750137778_9e7d1a9d19

マンゴーは、インド東部やミャンマーでは約4,000年前から栽培が行われていたそうです。日本に登場したのは明治時代で、本格的な栽培が始まったのは1970年頃だそう。

日本でも大人気のマンゴーですが、セブ島のマンゴーは本当に甘くてジューシーです。しかも、1つ25P前後(70円前後)と日本では考えられないほど激安です。

また、βカロテンの量が多く、細胞の老化を抑える抗酸化作用があるので、肌の健康維持やがん予防の効果もあります。さらに、貧血予防に良いとされる「葉酸」や、腸の働きを整える食物繊維も多めです。

安くて、おいしくて、体にも良いマンゴーは、フィリピンにきたらぜひ食べてもらいたいフルーツです。

セブ島で食べるべき南国フルーツまとめ

マンゴスチン、カラマンシー、ドリアン、ランブータン、マンゴー、さてみなさんは、全部食べたことがありますか?

マンゴーは日本でも馴染みのあるフルーツですが、食べたことも、聞いたこともないフルーツもきっとあったはずです。

その土地でしか食べられない食べ物を「見て!知って!食べる!」、これが語学留学や海外旅行の醍醐味です。

書いているうちに、なかなかお腹が減ってきました。というわけで、少しお買い物に出かけてきます。

みなさんも、フィリピンに行ったら、南国ならではのおいしいフルーツをぜひたっぷりとお試しください!

グルメ情報、美味しい食べ物大好き!という方は、ぜひこちらをご参考に。よだれが止まらなくなっても自己責任でお願いします。

参考:
グルメ | Plus Life

キーワード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加