Plus Life

世界に飛び出しライフスタイルに新たな刺激と感動を

日本から4時間半! セブ島英語留学 セブ島留学の詳細はこちら

2019/10/08 最終更新 2019/10/08

【ミライズ英会話モニターキャンペーン】原田陽さん9月の学習状況

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

半年間、ミライズ英会話に通いモニターの皆さんが目標達成に向けどんな学習をされ、どのように力をつけているかを追うミライズ英会話モニターキャンペーンが始まって1月が経過しました。それぞれの方がミライズ英会話のレッスンをどのように活用され、また日々の学習をどのように進められているのでしょうか?

9月の皆さんの頑張りをぜひ読んでみてください!

 

英語を学ぶ人のモチベーションアップになること間違いなし!

 

キャンペーンの概要はこちら

http://plus-life.jp/merise-eikaiwa-monitor/

 

 

現在上智大学4年生の原田さんは、就職先で3年後の海外事業部への配属が決定しています。幼いころから英語に触れてきた環境の中である程度の英語力は身に付けてきたものの、仕事でしっかり使うには不十分だと感じられ、今回のキャンペーンに応募されました。話すことだけではなく明確な尺度をもとに進捗を計りたいという思いからTOEIC900点という目標も掲げ、現在レッスンと日々の学習に取り組まれています。スピーキング力アップとTOEIC900を目指す原田さんの奮闘記、ぜひご覧ください!

 

原田さんの前回の記事はこちら

http://plus-life.jp/first-interview-eikaiwa-harada/

 

 

セレン:TOEIC900点という目標を掲げ(現在795点)、日々の学習はどんな事をしていますか?

 

原田さん:TOEICの公式問題集を使っての復習とパート5の問題集を使って日々勉強しています。時間としては一日1~2時間くらいは取るようにしています。特にパート5の問題を沢山解くことによって文法が弱いことがはっきり自覚できた点が良かったです。

 

教材も最適なものを選んでいただいて安心して取り組めています。

英語学習

【原田さんが今日々の学習で使っている教材、TOEICからスピーキングまでをカバーしています】

 

セレン:学習計画を立てるプロセスの中で語彙力の不足という弱点も見つかりました。そのあたりはいかがですか?

 

原田さん:単語帳と自作の復習ノートをまとめながら学習しています。単語の覚え方は頻度が大事と教わったので、とにかく見返す回数を増やす意識でやっています。

 

 

セレン:語彙力が増えてきている実感はありますか?

 

原田さん:パート7などの文書を読むとき、最初は内容がなかなかうまく理解できなかったのですが、語彙力がついてきて話の大枠が取れるようになってきている実感はあります。

 

セレン:リーディングはTOEIC900点を超えるためには8000語ほどの語彙力はあると安心だと思います。リーディングの本文の意味が取れなくなる殆どの原因は語彙のはずで、ここをまずはクリアすることは必要条件だと思って問題ないと思います。

 

原田さん:そうですよね。パート5でもまだまだ意味が取れない単語の意味が多かったりはします。パート5の解き方に関しては学習アドバイスの中で「全文の意味を取りながら、時間的にも間に合うように解ける力が必要だ」と教えていただき、その目標で頑張ってやっています。

 リーディングの問題もこれまでは時間を計らずに解いてしまっていたので、「必ず時間を計って解く」というアドバイスをいただき、非常に参考になりました。

 

セレン:英文記事も1日1つ読んで、その要約を送ってもらうというタスクも日々の学習に入っていますが、やってみてどうですか?これはTOEICのためだけの学習にはしたくないという原田さんのご意向を組み、幅広い英語の文章に対する読解力、理解力を深めるためのトレーニングでもあります。

 

原田さん:長い記事などを読んでいて思うのはやはり読み切る力、集中力がまだまだ足りないなあと感じています。1つの記事を読むのに10分くらい、要約は書くのに5分くらいは平均的にかかっていると思います。一回読み終わってもまた内容を忘れてしまっていたりして、もう一度読み直したり…というのもあります。

 

セレン:リテンション(記憶保持)という力で、これも意識的に鍛えていく必要はあるんですよね。読んだ内容をすぐに忘れてしまうのも語学力のうちなんです。

 

原田さん:TOEICの中でも同じで、読んだものを忘れてしまったりしてしまうんです。この日々のトレーニングはとても効果があると感じています。

英語学習

【初回のレベルチェックテスト】

 

セレン:ミライズのレッスンのほうはいかがですか?

 

原田さん:これまで4回受けています。毎回レッスンの最後に今回うまくできなかった部分をクリアにして先生がまとめてくれるんです。次回までにそれを克服するっていう明確な目標が持てるのですごく助かっています。

 

教材としてはTouch Stoneを使っています。細かく間違いなどを指摘してもらっているので、毎回1レッスンで1パージ進めばいいかな、というくらいです。


英語学習

 

【今使っている教材、実用的な英語が学べるTouch Stone】

発音が思ったより注意されるので、まだまだ課題が多いんだなあと思います。おそらく私の弱点が先生同士で共有されてる?のだと思うんですが、どの先生からも発音を厳しく指導されます。

 

https://twitter.com/eightersbascket/status/1174189899815297024?s=20

「この子はここができてないから注意してあげて」って(笑)、多分ですけど。THとS, 暗い母音のir と明るい音のar など、何回も注意されます。

 

またレッスンのなかで英語で答えるときも、単純に答えを言うだけではなく理由も必ず合わせて答えるように、など指導されます。In addition, をうまく使ってもっと続けるように、など詳しく教えてもらっています。

英語学習

【指摘され、練習をした単語がホワイトボードに並んでいます】

 

セレン:これまで色々なスクールに通ったりや留学なども経験してきた原田さんから見てミライズのレッスンはどうですか?

 

原田さん:最後に今日のレッスンの振り返りをしてくれ、良かったところや悪かったところを細かく教えてくれるんです。私が覚えていなかった小さな部分もリマインドしてくれるのでこれは凄いなと思います。生徒より生徒の事を理解しているんじゃないかなと思う時もあります。

 テキストの中に会話の練習などをするセクションがない時でも、先生がアレンジしてその機会を作ってくれたりするので、毎回レッスンでは私が話す時間が必ず沢山ある、というのも他ではそこまで気を使ってやってくれなかったなあと思う点です。

 

セレン:質の高いレッスンだからこそ、原田さんご自身が意識的に気を付けていることなどはありますか?

 

原田さん:今習ったことをその場ですぐに使って定着させる、という点です。指摘されたことは自分でこれまで気が付かなかった、誰も指摘してくれなかったことが多いので、忘れないように、その場ですぐに試してみるようにしています。

 THの発音を指摘されたらすぐに “Thank you!”って言って、音に気を付けながら意図的に使ったりしています。

 考えながらやっているうちはまだまだだと思っていて、これは文法などもそうなんですが、やっぱりなにも考えずにできることが目標だと思います。

 

https://twitter.com/eightersbascket/status/1179016174941556741?s=20

 

 

TOEIC900点超えと会話力を上げるということは簡単なことではありません。しかしその高い目標にも原田さんは常に前向きに、努力を惜しまず取り組まれています。将来の自分への投資、という高い意識で日々どんどん実力を付けられている原田さんの今後にぜひご注目ください!

 

無料体験レッスンのご予約はコチラ

キーワード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加