Plus Life

世界に飛び出しライフスタイルに新たな刺激と感動を

日本から4時間半! セブ島英語留学 資料のダウンロードはこちら

2016/04/11 最終更新 2016/04/09

【必見!】留学経験者がおすすめする英会話力をあげる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2250138127_e372178117_z

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

世界共通言語である英語の重要性がますます高まっている今、英語を話せるようになりたいという人はたくさんいます。日本の教育も近年、Speaking力に力を入れてきてますが、第二言語が英語といえるほど、英語を話せる人はまだまだそういません。留学は、英語環境に身をおけ英会話学習にはぴったりの方法ですが、実は海外に長期間いったからといって全員が英語が流暢になって帰国できるわけではありません。今回は、カナダへの留学という自分の経験をもとに留学で効率良く短期間でSpeaking力をぐっとあげる方法をご案内します。

 

とにかく英語を使う!

わたしも初めて英語を勉強しにカナダに渡った当初、どうやったら英語を話せるようになるのか悩んでいました。自己紹介程度ならできるけど、自分の意見を言うときに言葉が全くでてこない、レスポンスが上手くできない。学校にいって勉強してもなかなか自信がつかず、話すときに全然英語がでてこない。

そんな時、先生に毎日外に遊びに行けと言われて気づいたんです、外で英語を使ってないなと。わたしはそこから、自分が行ける最大限外に出て、英語をほぼ毎日使っていました。speaking力をあげる一番の近道は、とにかく英語を話す。毎日、英語を話しにいくということです。それをできるのが、留学の最大のメリットだと思っています。

方法はなんでもいいんです。友達と授業後カフェにいく、バーにいって地元の人たちとからんでみる。国によっては、日本人生徒も多くなかなか英語を話す友達を作るのは難しいかもしれませんが、夜はバーなどに行ったりして現地の人と絡んでみたり、イベントなど探して参加したりしてみると英語の勉強にもなりますし、海外での友達の輪も広がります。部屋にこもって英語の勉強をしててもSpeakingは鍛えられません。実践の場が必要なのです。一番英語を鍛えることができるのは、授業以外で英語を使っている時です。外でどれだけoutputできるかで身につくはやさがかわります。

独り言も英語

バカみたいな話しですが、留学中独り言も英語で考え、英語で言ってみてください。わたしは道を歩いているときなど、何かしら常に頭で英語を考え、つぶやいていました。

例えば、

  • 「What am i going to eat tonight?」(今日の夜何食べようかな。)
  • 「I have to go home early tonight.」(今夜は早く帰らなきゃ。)
  • 「How long does it take to home ?」(家までどれくらいかかるかな?)

など。。こんなちょっとしたことでいいんです。すごく可笑しな話しかもしれませんが、自分の頭で構文を考え発言してみると、会話中、英語が自然にでてきやすくなるんです。

そして語彙力

語彙力をふやす。reading,writing,grammar,英語のスキルは幾つかありますが、わたしは一番大切なのはvocabulary、語彙力だと思っています。語彙力があれば、会話においても相手の話しを理解しやすくなります。1日にたくさんは覚えられませんが、毎日少しずつ。単語をただ覚えるだけではなくて、単語を使ったフレーズを覚えることをおすすめします。

さらに、アドバンスに学びたい方は、英語の単語を英語で覚える。つまり翻訳機能を使わないということです。やはり日本語に翻訳された単語は、使い方の感覚が少し異なっていることがあります。例をとってみると、doubtとsuspectはどちらも疑うという意味ですが、doubtは否定的に使い、suspectは肯定的に使います。

まとめ

海外に5年もしくはそれ以上いても英語を使わない人は話せません。留学は英語環境で生活できる最高の機会です。大切なのは、恐れないこと!現地の人と話す事を恐れず、英語を話すことを恐れず、自分も頭の中を英語マインドに、そして外に出てみてください!

photo by Nina J. G.

キーワード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加