Plus Life

世界に飛び出しライフスタイルに新たな刺激と感動を

日本から4時間半! セブ島英語留学 資料のダウンロードはこちら

2015/04/10 最終更新 2015/12/11

なぜ就活に有利なの?インターン経験で得る3つのメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
10215859534_2ff41683e6_z

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

インターンシップの目的は?

最近ではインターンシップが一般化されてきました。就活前の大学生を見ていると、数多くの学生がインターンシップをしています。

一方で、数多くの大企業もインターンシップイベントを主催しています。

では、インターンシップをする目的はなんでしょうか。みなさんさまざまな目的を持っていると思いますが、私が考える一番の目的は「就活で希望の企業に受かるため」です。

当記事では、私自身がインターンシップをした経験を元に、それをどのように就活へ活かしたかを書いていきます。

合計で6社のインターンシップを経験しましたが、無駄なインターンシップは1つもありませんでした。

それではじっくりご覧ください。

インターンシップのメリット1.面接の練習になる

インターンシップをするには面接があります。アルバイトでも面接がありますが、インターンシップの面接は就活の面接の練習になります。

インターンシップで聞かれる質問とは
・インターンシップの志願動機は何ですか?
・インターンシップを通じてやりたいことは何ですか?

インターンシップを志願する以上、最低限の理由は考えておきましょう。

志願動機、会社でやりたいこと等の質問は、就活でも全く同じように聞かれます。最初は難しく感じますが、就活対策本やOB訪問を利用して練習を積みましょう。

インターンシップのメリット2.経験を履歴書に書きやすい

インターンシップで任される業務は、実務に基づいた業務である場合が多いです。

つまり、他社を志願する場合でも、志望企業の業務に置き換えやすいメリットがあります。

例えば、インターンシップを通じて、B to B営業をしたとします。

そこで得た経験やノウハウをアピールすれば、B to Bでの営業職を採用している企業に受かりやすくなります。飲食店のアルバイト歴を履歴書に書いても良いですが、実際の就活では評価されづらいです。

履歴書にはインターンシップ経験を書けるようにしましょう。

インターンシップのメリット3.出会った友人とのコネクションは強い

インターンシップをする学生は、優秀な学生が多いです。いくらインターンシップが一般化されつつあるとしても、結局は能動的に動ける学生しか集まりません。

このような状況で出会った学生は就活での情報収集にも積極的である場合が多いです。リクナビやマイナビに登録しておけば最低限の情報は手に入ります。

しかし、リアルな繋がりでしか得られない情報も数多くあることを知っておくべきです。

インターンシップをした際には、同年代とも積極的に絡み情報交換をしましょう。

番外編:チャレンジ精神のある人は海外インターンシップがおすすめ

「インターンシップで海外?」と思う方も多いと思います。徐々にではありますが、海外インターンシップも普及しつつあります。

具体的な案件は、アジトラというサイトを参考にしてみてください。

海外インターンシップ、海外就職ならAJITORA(アジトラ)

海外インターンシップなんてハードルが高いと思う方が多いと思います。

しかし、実際にはそうでもありません。

最低限の英語力やコミットできる期間(半年~1年が目安)があれば、チャレンジできる企業は数多くあります。留学等で英語力を身につけた学生は、力試しにやってみることをおすすめします。

海外インターンシップ経験があると、就活での受けはかなり良いです。

インターン経験で得る3つのメリットまとめ

以上となります。

インターンシップを、どのように就活で活かすかに加え、海外インターンシップをご紹介しました。

インターンシップは必ず良い経験になりますので、積極的に動いてみましょう。

最後に、インターンシップを探す際におすすめなサイトを掲載しておきます。

はたらくを面白くするビジネスSNS・Wantedly

就職活動(就活)とインターンシップのJobweb(ジョブウェブ)

Photo:Office By Mike_fleming

キーワード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加