Plus Life

世界に飛び出しライフスタイルに新たな刺激と感動を

日本から4時間半! セブ島英語留学 資料のダウンロードはこちら

2016/04/27 最終更新 2016/04/09

【実際に行ってきました】アイランドホッピングとは一体!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S__9797658

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

アイランドホッピングとは一体なんなんだ!?

そうお思いの方もいらっしゃるでしょう。
日本では馴染みのない言葉ですよね。

まず、アイランドホッピングを説明いたしますと、
その名の通り、アイランドをホッピングするのです。

つまり、小さな島を船で巡りながらダイビングやBBQを楽しむという最高の娯楽なのです!

セブに来たらアイランドホッピングをやらないと損!!ってことで

私、実際に行って参りました。

実際の体験談もふまえながらご紹介していきたいと思います!

まずは準備

何事も準備が大切ですよね。

まずはアイランドホッピングをお手伝いしていただくショップ探し!

アイランドホッピングは船を貸し切っていくので、
やはりショップの力が必要なのです。

今回お世話になったのが
オーシャンブルーさん

ダイビングショップ【オーシャンブルー】の木村さん(店長)はとても気さくで面白いのですぐに仲良くなれると思います!

そして、アイランドホッピングで持っていく物は

・水着
・タオル
・着替え
・お金(お酒、BBQ、船のチャーター代を含めた料金になります。)
楽しむ心

これさえあればアイランドホッピングができます!
基本的な準備はショップの方がしてくださるのでご安心ください。

さあ、いざアイランドホッピングへ!

いざ、出発!

マクタンのマリバゴ地区にオーシャンブルーさんはございます。

そこまでタクシーで向かい、到着すると、専用のジプニーで船の近くまで行きます。

そして、小舟に乗り込み今回お世話になる船へと!

S__9797661

乗り換えた船は結構立派な船でした!

S__9797659

いざ、しゅっぱーつ!!!

船の上では音楽を流し、お酒を楽しみながら目的の島へ

セレブのような体験ですね!

いろんな話をしたり、ゲームをしたりしながらのクルージング!

S__9797662

最高なクルージングを楽しんでいたらあっという間に

一つ目の島へ到着!

パンダノン島

上陸したのはパンダノン島。

パンダノン島は、マクタン島から北東へ1時間位のところに浮かぶ小さな島です。

そのパンダノン島が人気の理由は…

島一面に広がる真っ白な砂浜と真っ青な海と空、静かにゆっくり流れる時間の感覚といった、
まさに南国の島のイメージをそのまま感じることのできる島だからです!!!

S__9797666

この透き通った海

S__9797669

まさに南国ですね!

パンダノン島ではBBQをしながらお酒を飲むという素晴らしい時間を過ごすことができます。

特にパンダノン島で食べるBBQは絶品でした!

1975122_793595654001084_1906096960_n

993031_793595670667749_551394625_n

BBQを楽しんだ後はやっぱり海!

この写真をご覧ください。
海が青すぎて満面の笑みが溢れております。

S__9797668

最高でした!

パンダノン島を満喫した後は

シュノーケリングをしに船に乗って移動。

木村さんおすすめのシュノーケリングスポットへ!

シュノーケリング

また船に乗り30分ほど走ると、シュノーケリングスポットへ到着。

早速飛び込んでる方もちらほら

S__9797671

シュノーケリングは誰でもできますのでご安心を!
泳ぎが苦手な方はライフジャケットを着用してシュノーケリングを楽しめます!

S__9797672

シュノーケリングスポットにはたくさんの魚が泳いでおり、
すごく神秘的な体験ができます。

まさにセブでしか味わえない感動がありました。

海も透き通っているので結構遠くの魚まで見ることができました!

感動でした。

1時間ほどシュノーケリングを楽しんだら

そろそろ日が暮れてきたので

また船に乗りマクタンまで帰りました。

S__9797667

本当に充実した1日でした。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

アイランドホッピングの楽しさや魅力が伝わりましたでしょうか?

私自身もアイランドホッピングに行くまでは

どんなことをするのかわからなかったのですが

行ってみると
綺麗な海、白い砂浜が広がりまさに南国リゾートのセブ!!という感じでした!

本当に大満足なアイランドホッピングでしたので
皆様も是非セブに来た際は、アイランドホッピングを楽しんでみてはいかがでしょうか。

キーワード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加