Plus Life

世界に飛び出しライフスタイルに新たな刺激と感動を

日本から4時間半! セブ島英語留学 資料のダウンロードはこちら

2015/04/20 最終更新 2015/12/15

おすすめ語学留学先は?マルタとフィリピンセブ島5つの比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3660097148_c13a2cf64a_o (1)

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

ヨーロッパのマルタ共和国、フィリピンのセブ、語学留学におすすめは?

年々人気が高まっている語学留学ですが、英語を習得したいからといって、もちろんアメリカだけが留学先ではありません。

カナダのバンクーバーやトロント、オーストラリアのシドニーやブリスベン、イギリスのロンドンやオックスフォードなど、どこも人気がありますが、遠い……。

そんな語学留学が近年変わりつつあります。ここ数年で人気が定着しているのは、東南アジア、とりわけフィリピン・セブ島への語学留学です。なぜなら、

1.留学料金や生活料金が格安
2.人件費が安いためマンツーマン授業
3.日本から一番近い英語の国

という魅力的なメリットがあり、実際に多くの日本人が、これらのメリットを求めて、語学留学・英語留学に訪れているからです。

そして、現在の語学留学ブームに乗り、にわかに話題になっているのが「マルタ留学」です。

マルタとは、イタリアの南の地中海に浮かぶ、ヨーロッパに属する小さな島国・マルタ共和国のこと。公用語はマルタ語と英語で、ヨーロピアンやアジア人が安く英語を学ぶ先として注目されています。

その理由は、1年を通して雨がほとんど降らず、リゾート地としても有名で、治安が良く、安全な英語留学先として認識されているためです。

では、マルタ留学とフィリピン留学では、どちらが良い留学先なのでしょうか?留学費用、授業内容、治安や安全面など、さまざまな角度で比較・検証してみます。

マルタVSセブ留学比較1.留学費用はどちらが安い?

フィリピン・セブ島への語学留学は、さまざまな学校がありますが、月15万円~と安い費用で英語が学べる留学先です。1人部屋になると月20万円~ほどです。この金額には授業料、現地の宿舎代、食費などが含まれます。

一方、マルタ留学の費用目安は、月14~26万円です。

こちらも授業料、滞在費等が込みの留学料金です。マルタはユーロ圏にもかかわらず、費用は(ハイシーズンを除けば)フィリピン留学とさほど変わらない印象です。

ただし、毎月一定金額のフィリピン・セブ島留学と違い、ハイシーズン(繁忙期:7~8月)のマルタは、金額が1.2倍に上がるため、時期はしっかりと見極めた方が良いでしょう。

マルタVSセブ留学比較2.授業の内容は?

フィリピンセブ留学は、マンツーマン授業が一般的です。1日6~7時間の授業の内、半分以上はマンツーマン授業で、一般英語からビジネス英語まで、生徒に合わせて学べる環境が作られています。

マルタ留学は、グループ授業が主流です。授業数は1日2~3時間で、多くが午前中授業です。

マルタ共和国は、英語が公用語ですが、人口は42万人と小さな国のため、人口9,000万人のフィリピンと比較して、英語講師人材が不足しています。

そのため、マルタ現地で学ぶ環境の選択肢は、ある程度限られるでしょう。

仮に、マンツーマン授業とグループ授業の価値を授業単価で換算すると、約2倍マンツーマン授業の方がお得だと計算して良いでしょう。

多くの留学生は英語の初級者~中級者です。もし、英語上級者であれば、マンツーマンではなくグループ授業でも問題なく語学力を高められるため、この考え方には当てはまりません。

マルタVSセブ留学比較3.治安はどちらが良い?

フィリピンの首都マニラは、危険な都市ランキングでもランクインする程、危険な場所として認知されています。

ただ、フィリピンへの語学留学の場合、セブ島に訪れる留学生が大半です。マニラとセブでは、治安やフレンドリーさが全く違うため、同じ国とは思えないほどでしょう。

セブ島は、世界有数のリゾート地ですしね。フィリピンとセブ島が結びつかない人も、大勢います。

参考:
フィリピンの治安が心配!1年滞在した僕が語る4つの注意点
フィリピン首都マニラとリゾート地セブ島どっちが治安が良い?

一方、安全な国として知られているマルタは、銃の所有も禁止されており、治安は良好で国民全員がフレンドリーです。

イタリアから近いこともあり、イタリア人も多く、街ゆく人々はみな、ヨーロピアンなおしゃれな雰囲気を醸し出しています。

マルタVSセブ留学比較4.滞在先の環境は?

セブ留学では、基本的に学校に付属している寮が滞在先になります。寮は、部外者立ち入り禁止です。

中でも、門限がある学校や平日は外出禁止などの学校もあり、通常の交流は同じ学校の生徒同士のみです。

最近では、ホテル滞在型の学校も出てきました。

一方、マルタ留学では、ホームステイが一般的です。

ホームステイの滞在先は、学校や代理店が手配してくれます。注意点は、ホームステイ滞在費用が、金額に含まれていない学校があることです。そのため、事前に確認が必要です。

マルタVSセブ留学比較5.観光スポットとしては?

フィリピンは、7,000以上の島で成り立っており、世界一美しい島としてパラワン島やボラカイ島など多数のリゾートエリアがあります。留学の中心地セブ島からは、飛行機で1~2時間ほどです。

参考:
フィリピン観光で絶対おすすめ!絶景ビーチを持つ島7選
観光?海水浴?ヨガ?セブ留学で息抜きにしたい5つのお楽しみ

一方、マルタは、街全体が世界遺産に指定されており、国全体が歴史的建造物の宝庫となっています。

また、マルタからヨーロッパ内は、片道3時間でどこでも行けるため、マルタ留学とヨーロッパ旅行を満喫する留学生も多いですね。

ヨーロッパマルタとフィリピンセブの留学比較まとめ

フィリピンとマルタは、アジアとヨーロッパで雰囲気も違いますし、人によって、メリット・デメリットが変わることもわかってもらえたでしょう。

セブ留学、マルタ留学を両方経験している私のアドバイスとしては、英語に自信がなく、マンツーマンでしっかり英語を学びたい人、短期で英語を習得したい人には、フィリピン留学をおすすめします。

一方、英語に自信があり、メンテンナスとしての英語学習や、ヨーロッパ観光も楽しみたい方にはマルタ留学がおすすめ、といったところです。

というわけで、個人的なおすすめは、セブ島で英語を習得して、マルタで使い倒す!ですかね。

それぞれの目的やライフスタイルに合った語学留学ができるよう、引き続きみなさんのためになる情報を発信していきたいと思います。

ちなみに、同じフィリピン内でも、セブ島とマクタン島で違いがあります。行き先はしっかり調べて、納得してから語学留学を行うようにしましょう。

参考:
英語留学生活が大きく変わる!マクタン島かセブ島どちらを選ぶ?

Photo:flickr

キーワード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加