Plus Life

世界に飛び出しライフスタイルに新たな刺激と感動を

日本から4時間半! セブ島英語留学 資料のダウンロードはこちら

2015/04/04 最終更新 2015/12/11

オトナ留学MBAの先生達はなぜこれほどまでに一生懸命なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_0181

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

日本では、女性から男性にチョコレートを贈るのが一般的。最近では逆チョコなんてのも流行っているようですね。

フィリピンでは、男性から女性に対して、チョコやお花のプレゼントをするのが一般的なようです。

ちなみに、ホワイトデーなんかはなく、特にお返しという習慣はないそうです。見返りを期待せずに、ギフトの気持ちでプレゼントをするのってなんだかいいですね。

少し前の話になりますがもちろんオトナ留学MBAでも2月のバレンタイン時にはプレゼントを贈ったのですが、これが驚くほどの大盛り上がり。先生から叫び声があがるほどの盛り上がりを見せました。

e8d9ccfa7b488da4c06015fbfaaab579-624x468

卒業時のアンケートでも、複数の生徒さんから頂いている内容に、「先生が優秀で、MBAを選んでよかった」という言葉をよく目にします。

その優秀さの秘訣は、個人の優秀さにもあるのですが、チームワークも大きな要因なのではないでしょうか。

今日は週末番外編という事でMBAの先生達の一体感、この一体感を生み出している秘密に迫っていきたいと思います。

ストーリーテリング

普段みなさんは、自分が働いている職場で、周りの人がどれだけ自分のことを理解してくれているでしょうか。

今年のバレンタインデーは休日の土曜日だったにもかかわらず、フィリピン人マネージャー、先生達のチームリーダー、日本人スタッフが集まり、チームビルディングを行いました。

そしてまずはストーリーテリングというチームビルディングから行いました。ちなみにストーリーテリングとは、自分のこれまでの人生をひとつの物語、ストーリーとして、語るという組織開発の手法です。

IMG_0148-624x468

みんな一生懸命に自分のこれまでの半生を書いています。

どんな人にも、よい時もあれば、大変な時期もあります。ただ、そういうもろもろが自分の人生、自分の個性をつくりあげていることを語ると、自然とお互いに対して興味が湧いてくるものです。

IMG_0150-624x468

なかには涙ながらに話す先生も。

ダイアログ

そのあとは、日本人スタッフ、フィリピン人マネージャー、チームリーダーがひとつのテーブルを囲み、これからの学校について対話をします。

IMG_0162-624x468

半年後、どんなMBAにしていきたいか。お互いの意見を否定することなく、受容して話し合い、どんどんと笑顔が増えていきました。

IMG_0168-624x468

そのあとはみんなでランチ。

IMG_0177-624x468

カサベルデ(Casa Verde )で食事をデリバリー。

IMG_0174-624x468

こんなに大きなハンバーガーも。マネジメントスタッフのチームビルディングでしたが、今後は、それぞれのチームでもやってみたいという声がありました。

IMG_0181-624x468

いかがでしたでしょうか?

まだまだこれ以外にもさまざまな方法でチームとしての一体感を生む様に心がけています。ただそれだけではなくMBAの先生達は、元々とても前向きで、仕事に対しての誇りを持っている人が多い。

それが、優秀さであったり、向上心を更に生んでいるんだと思います。それでは皆様良い週末を!

キーワード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加