Plus Life

世界に飛び出しライフスタイルに新たな刺激と感動を

日本から4時間半! セブ島英語留学 資料のダウンロードはこちら

2016/05/09 最終更新 2016/04/09

【サーフィンが好きな人も必見!】フィリピンで観光すべき穴場な島3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Screen Shot 2015-07-07 at 14.25.15

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

フィリピンは、英語でも「Philippines」と複数形で言うように、たくさんの島々から成り立っています。
その数なんと、7107島!!その中にはもちろん無人島もたくさん含まれているのですが、全島行ってみるというのは..とてつもない時間がかかりそうですね…
今回は、普段メディアでは紹介されていない、でも現地の人には人気がある、そんな穴場な島を紹介致します!!

①シアルガオ島(Siargao island)

Screen Shot 2015-07-06 at 16.30.25

シアルガオ島は、フィリピンのミンダナオ島の北東部に存在する島。セブ島からは国内線飛行機で約40分のところにあります。
海岸線は連なった珊瑚礁に囲まれており、小さな岬と白い砂浜があり、ここはサーファーの聖地として有名なんです!
実は、セブ島は、あまり波がなく、サーフィンをするひとにとっては綺麗といいつつもなかなか満足できない島なのですが、シアルガオ島は世界中からサーファーが集まるほど、波が高く有名な場所です!!

Screen Shot 2015-07-06 at 16.42.54

サーフィンのメッカで国際大会も行われてるシアルガオ島のサーフスポット、ジェネラル・ルナの『Cloud 9』では、中空の巻き波を楽しむことができます。
そして、サーフィンをしないひとでも、ここシアルガオななんといっても海が綺麗そして、景色、特に夕日が最高なんです!
こんな夕日がみれるはずです!

Screen Shot 2015-07-06 at 16.44.23

photo by Matthew Herradura

②ソルパ島(Sulpa island)

Screen Shot 2015-07-06 at 17.16.13

ここは、マクタン島、lapulapuシティから約6kmのところに位置する、無人島の一つです。ここに行くには、ボートで約40分、もしくはカヤックなどにのって漕いで行くこともできます。
無人島なのでなにもない島なのですが、海の透明度と景色をみると行った価値があったと思える島です。
夜は海辺にテントをはってキャンプをすると、満点の星空、そして夜光虫もみることができます!なんとこの島では、夜に自然のホタルもみることができるんです!
一回いってみると、感動の連続なはずです。

Screen Shot 2015-07-06 at 22.51.28

③ルソン島(Luzon island)

Screen Shot 2015-07-06 at 22.37.45

ルソン島はセブ島の北にあり、フィリピン最大の島になってます。ここルソン島は、観光地として人気のあるスポットなのですが、そのルソン島の南にある、「バタンガス州」には珊瑚礁に囲まれた海が広がっており、ここは、大きなビーチリゾートもなく、観光地化されていないため、穴場スポットとなっています。
エメラルドグリーンの海と、潜ると目の前に広がる鮮やかな魚たち。一度目にしたら、帰れなくなるかもしれませんね。
生きた珊瑚礁をみれる海はそうそうないので、ここは本当におすすめです!

まとめ

もちろんここで紹介してない島の中にも、魅力的な島はたくさんあります!いつか7107個の島、全ていってみたいものです。
面白いことに、島それぞれ特徴があり、感じるものや、見れるものも同じではないということ。
もしかしたら、まだまだ見つけられてない島もあるかもしれません。
そんな島をみつけに、探検してみたいものです。

キーワード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加