Plus Life

世界に飛び出しライフスタイルに新たな刺激と感動を

日本から4時間半! セブ島英語留学 資料のダウンロードはこちら

2015/12/29 最終更新 2015/12/29

ネイティブと英会話したい!英語の発音が確実に上達するコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
発音

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

語学留学すれば英語の発音は完璧?

日本人が英語を学習するにあたって一番の壁となるのが「発音」です。

英語には、日本語には存在しない発音が存在するので、ネイティブのようにかっこ良く英語を話すためには、ある程度の努力が必要になります。

「海外に留学すれば自然に身に付くんじゃないの?」と思っている方も多いでしょうが、単純にそうとは言い切れません。

語学留学をすれば、確かに英会話は上達しますが、発音に限っては日本語の癖が全く抜けない方もいます。

逆に日本にいても、ポイントさえ押さえておけば、努力次第で英語の発音がうまくなることは十分可能です。

今回は、英語の発音がうまくなるコツをいくつかご紹介しますので、自分に合った方法を見つけて、自然な英語が話せるように発音の練習に役立ててください。

なぜ日本人は英語の発音が苦手なのか?

世界各国の中でも日本人は英語に弱いと言われています。

その大きな理由としては、日本独自の「カタカナ」を使っていることが原因の1つとして考えられます。

日本人は普段から、日本人でも英単語を発音しやすいように、カタカナに変換して使ってしまっているのです。

例えば、「マクドナルド」という単語はそのまま発音しても外国ではまず通じません。

カタカナは英語を書き表すには便利ですが、その反面英語が日本語化されてしまうというデメリットもあるようですね。

「マクドナルド」とカタカナを使って英単語を書くことは、英単語を覚える行為ではなく、カタカナ英語という全く別の言葉を覚えていることと同じなのです。

ちなみに「マクドナルド」は、英語で「マックダーナル」と「ダ」にアクセントをつけて発音されますが、日本にいてこのように発音する人はまずいません。

英語の発音がうまくなりたいと思うなら、まずはカタカナ英語の概念を頭の中から取り除くことから始めてください。

英語にはカタカナでは表せない言葉がたくさんあるので、音を聞いて耳で覚えることが、発音を上達させる基本になります。

日本語にはない音を正しく発音できるようにするには?

英語の発音が上手くなるコツ

英語には日本語にはない音が存在します。そのため私たちは、英語を学ぶ時に生まれて初めての音に出会います。

「F」「V」「TH」「R」の4つがその代表的な英語ですが、今までに出したことのない音を出すためには、目で英単語を見るのではなく、耳から英語を聞いて真似してみる事が非常に効果的です。

ではそれぞれの発音がうまくなるポイントをご紹介していきます。

癖をつけるだけで簡単にマスターできる「F」「V」の発音

「F」は日本語で言うと「ハ行」に近い発音になりますが、発音の仕方は、上の前歯を下唇に乗せて、下唇を弾きながら発音します。

これができていないと、英語で言う「H」と勘違いされてしまう場合が多く、例えば「Feel」(感じる)という単語が「Heel」(癒される)という意味になってしまいます。

もちろん、文脈から判断できる場合もありますが、そんな不安定な会話をするのも疲れてしまいますし、相手も混乱させてしまいます。

「F」の発音は比較的簡単なので、「Fish」「Fin」「Fine」など最初に「F」がつく単語を毎日繰り返し練習するだけで癖がつくでしょう。

また「Beef」「Chief」「Leaf」など、語頭ではなく語尾に「F」がつく場合は、下唇を弾くのではなく、前歯を乗せたままにするときれいな発音になります。

「V」も全く同じで、語頭についている「V」は前歯で下唇を弾きながら、途中や語尾についている「V」は前歯を下唇に乗せたまま「バ行」の発音します。

日本語で言うと「B」の発音になりがちですが、例えば「Vase」(花瓶)と「Base」(基礎)ではまったく意味が変わってしまいます。

「V」の場合も「Van」「Vase」「Vision」など語頭に「V」がつく英単語と、「Have」「Alive」「Leave」など途中につく英単語の練習を行って、癖をつけてしまいましょう。

1日に1回声に出して練習することで、いつの間にか英文を読むときに正しい発音ができるようになります。

舌の動きに注意すればうまくなる「TH」の発音

英語の発音が上手くなるコツ

次に日本人が苦手とする「Th」の発音ですが、こちらも日本語には存在しない発音なので、難しいのは当たり前です。

さらに「Th」には発音記号が二つあります。つまり、発音の仕方が二通りのあるのです。

典型的な例は、英語の「Thank you」です。カタカナ英語で書くと「サンキュー」と発音しますが、これではネイティブには感謝の気持ちが伝わりません。

「サンキュー」を英語にすると「Sank you」ですが、これは「あなたを沈めた」という恐ろしい意味になってしまいます。

「Thank you」のように語頭に「Th」がある場合は、舌を軽く出して素早く引きながら発音します。「Th」で始まる単語は約6000個あるので、発音をマスターすればかなり役立ちます。

「Month」のように「Th」が語尾にある場合は、先ほどとは逆に舌を歯の間に出しながら発音します。

これは少し高度なので、練習が必要ですが、舌の動きを意識しながら「Month」「South」「Path」など、連続して発音する練習を繰り返して、発音を定着させてください。

一番の難関は「R」と「L」を区別する発音

日本人が一番苦手とするのは「R」と「L」の発音ですが、これも日本語にはない発音なので、自然にマスターするのは難しいでしょう。

どちらも「ラ行」に近い発音ではありますが、その違いは舌の動きにあります。

「R」は、「ウ」と発音する口の形を作り、舌を口の中のどこにも触れずに発音します。「R」は巻き舌だと勘違いしている方もいますが、実際は舌を奥に引っ込める感じに近いです。

「L」の場合は、舌の先を前歯の裏にあてて発音します。日本語の「ラ行」と似ていますが、こちらは舌の位置が前歯の付け根辺りか、それよりも奥になっているはずです。

日本人の場合は「R」より「L」の方が発音しやすいので、「L」寄りの発音になってしまいますが、それでは英語の意味が異なってしまいます。

「Right」(右、正しい)と「Light」(軽い、明かり)や、「River」(川)と「Liver」(肝臓)などが混在すると、意味がわからない英会話になってしまいます。

それを防ぐためにも「R」と「L」はセットで練習するのがおすすめです。「Right-Light」「River-Liver」「Read-Lead」のように、続けて発音しながら舌の位置の違いを確認してください。

慣れてきたら自分で「R」と「L」セットの英単語を見つけて練習してください。自分で見つければ印象に残るので、発音の練習と共に意味も定着しやすくなります。

シャドーイングで発音力をアップさせる

英語の発音が上手くなるコツ

「シャドーイング」とは、英文を聞きながら同じ文章を声に出しますが、聞き終わってからではなくワンテンポ遅れて、つまり影(シャドー)のように後を追う方法です。

シャドーイングとは、音声を聞いた後、追いかけるように復唱することを言います。

シャドーイングと音読にはいくつか違いがあります。

1.スピード:音声を聞き取り、即座に同じ文章を発声する
2.抑揚:即座に発声するため、音声と同じような抑揚になる

発音は正しい音と正しいイントネーションで喋ることが重要な要素です。そのため、正しい発音を聞いた後の発声は、正しい英語のイントネーション習得するに役立ちます。

参考:
英会話力が劇的に上達!苦手な英語発音強化4ステップ

耳で聞いた英語をそのまま発音するだけなのですが、途中で引っかかってしまった場合、そこが自分の弱点だということがわかります。

基本的に「聞き取ることができる英語」は「話すことができる英語」なので、しっかり発音できるようになれば、英語のリスニング力も上がります。

シャドーイングを実践するには、テレビやラジオの英会話講座、英語教材のCDなどがおすすめですが、最近では英語学習アプリや「You tube」でもネイティブの英会話講座が多くあるので、自分に合った教材を見つけて毎日コツコツと練習しましょう。

参考:
英語の発音を動画と音声で練習できる学習サイト10選
リスニング英語学習におすすめのスマホアプリ5選

ある程度シャドーイングができるようになったら、今度は自分の好きな洋曲や海外ドラマ、映画などのセリフを真似してみてください。

気に入ったフレーズやセリフをメモして毎日練習すれば、発音だけではなく意味や言い回しも定着します。

参考:
日常シーンで使える英会話学習におすすめの映画5選 
海外ドラマを使った効果的な英語学習法5つのポイント

コツコツ練習すれば英語の発音は必ず上達する!

日本の英語教育は、発音を重視した教育法ではありません。

一部の学校ではネイティブによる英語授業を行っているようで、きれいな発音が身につく場合もありますが、そちらの方が珍しいと言えるでしょう。

そもそも英語を学習する目的は、英語の試験で良い点が取れるようになるためではなく、英語が話せるようになるためです。

英語を話せれば、世界中の人とコミュニケーションが取れますし、仕事に関しても選択肢が広がります。

そのためにも英語の発音は非常に大切です。正しい発音を身に着けて「きれいな英語」を話すことができるように、日々の努力を怠らないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加