Plus Life

世界に飛び出しライフスタイルに新たな刺激と感動を

日本から4時間半! セブ島英語留学 資料のダウンロードはこちら

2016/09/20 最終更新 2016/10/14

ビジネス英語でライティングを磨きたい人におすすめの勉強法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
pak86_raburi-go-sutoraita-20140125_tp_v

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

ビジネス英語でライティングを上達させるための勉強法

もともと「書く」ということに抵抗がある人は、文章を書くこと自体に苦手意識があるため「英語で文章を書くなんてもっとハードルが高い」と感じてしまう方も多いでしょう。

しかし実は英語でライティングの練習を重ね、習慣化されていくと自然と会話力もアップするという、嬉しい効果も期待できるのです。

というのも英語でライティングをしているうちに、自然に英語脳に近づくことができるからです

はじめは自分の気持ちを表現するための的確な言葉が見つからなくても、文章をよりブラッシュアップさせようと努力して、考えたり調べたりしていくうちに、その場にふさわしい英語表現がすぐに浮かぶようになってくるからです。

そこで今回はビジネス英語でライティングを上達させるための勉強法について、いくつかの例をご紹介したいと思います。

ビジネス英語でライティング力をアップするための3つの方法

英語で日記を書いてみる

まず始めにおすすめしたいのは「英語で日記を書くこと」です。

日本人はとくに昔から、日記の文化があったのでブログが流行ったと言われています。そのため、ブログを更新するような気楽な気持ちで(もちろん他の人に見せる必要はありません)英語で日記を書いてみてはいかがでしょうか?

もちろん始めは文字量が少ないところからスタートしても構いません。

今日会社であった出来事、打ち合わせでどのようなことを話し合ったのか、契約が決まってどんな気持ちになったのか、など些細なことから嬉しかったことまで、一言二言、短いフレーズからでも良いので、自分の気持ちを英語で表現するクセをつけるようにしましょう。

その第一歩として、日記はとても有効です。

仮に「日記」と聞いて肩に力が入ってしまう、という人ははじめはメモ程度の走り書きからでも構いません。

こうした習慣を少しずつ積み重ねていくうちに、長文を作成することにも次第に慣れていき、英語で文章を作成すること自体に抵抗感がなくなっていくことでしょう。

英語が得意な友人に書いたものをチェックしてもらう

上達の法則に「人に見てもらう機会を作る」というものがありますが、これは英語のライティングにも当てはまります。

始めは恥ずかしさもあるかも知れませんが何事も人の目に触れたり発表する機会を意識的に作ることで、今の自分の苦手な点やどこを直したら良いのか?ということが明確になるので、その分英語の上達も早くなります。

もちろんライティングの際にふさわしい表現をネットで検索してみたり、本を見てチェックしてみることもあるでしょう。

しかし微妙なニュアンスというのは、やはり英語が得意な人にしかわからない部分もあります。

もしネイティブの友人がいるのであれば、ぜひ協力をお願いして作成した英文を見てもらう機会を増やしてみてください。しかしネイティブの友人がいない方の場合は、英語が得意な友人にアドバイスをお願いしてみたり、曖昧な表現はこまめに検索して調べたり信頼できる本を見ながらチェックするなどして、表現力をブラッシュアップしていきましょう。

間違った思い込みで学習を続けるよりも、トライ&エラーで一歩ずつ進んでいった方が確実に英語のライティングスキルもアップします

英字新聞を読んだり、ネットで英語ニュースをチェックしてみる

もう一つは、英字新聞を読んだり、ネットで英語ニュースをチェックする習慣を身につけることです。

こちらも始めは抵抗があるかも知れませんが、比較的難易度が低くサクサク読める文章から英文を日常的に読む機会を増やしていくと、英文ライティングの構成が自然と身につくのでおすすめです。

良質な英文に数多く触れているうちに、次第にストーリーの作り方の全体像が見えてくるだけでなく、ライティングを組み立てる上での効果的な順番や、強調表現などがわかるようになってきます。

たとえばネットで見れる英字新聞としては「The Japan Times」がおすすめです。ジャパンタイムズは海外のニュースについても取り上げていますが、国内のニュースやトピックも多いので分からない単語が登場しても日本のことに触れている記事が多いので、理解しやすいという特徴があります。

また文章の構成自体も、本場の「TIME」や「Forbs」に比べて、基本的な文法表現に則ったものが多くさほど難解ではないものが多いです。

そのため一日一記事を目安にジャパンタイムズ読む習慣をつけると、知らず知らずのうちに英文の骨格が身についてきます。

今は英字新聞だけでなくネットでも良質は記事が多く出ているので、たまにはネットサーフィンがてら英語ニュースをチェックするようにしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

以上、今回はビジネス英語でライティングを上達させるための勉強法をご紹介いたしました。

英語でライティング、というと始めは少し抵抗がある方が多いかも知れません。

しかしたとえ単文でも習慣になると次第に抵抗感は薄れ、英語ライティングだけでなく会話力のアップにもつながるのでおすすめです。

まずは英語ライティング用のノートを一冊購入して、気楽な気持ちで思いついた時に書くことから始めてみてはいかがでしょうか?

キーワード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加