Plus Life

世界に飛び出しライフスタイルに新たな刺激と感動を

日本から4時間半! セブ島英語留学 資料のダウンロードはこちら

2016/05/02 最終更新 2016/04/09

TOEICの点数の意味を本当に理解していますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4349309232_1915069857_z

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

日本ではTOEICの点数が高ければ高いほど評価されているのが事実です。

特に日本人は数値で結果がわかるものを好む傾向があるのでなおさらです。

しかし、TOEIC800点です!と言われたとろでその人のレベルがどれくらいなのかを理解している人は実はなかなかいないと思います。

とりあえず800点取れば就職の時に有利だろうという認識の方が殆どです。
どの業界・業種がどれくらいのレベルの英語を求めているのかを認識しないままTOEICを受けるよりも
自分が目指している業界・業種ではTOEICで何点以上の人を求めている(企業によって差はありますが)のかを知っていた方が、自分のモチベーションにもなりますし、入社後のギャップが少なくて済みますよね。

今回はTOEICの点数による一般的なレベルや基準についてまとめていきたいと思います。

新卒と中途採用

履歴書にTOEICの点数を書くか書くまいか悩むことがあると思います。
TOEICの点数を書けば就職活動に少なからず影響はあると思います。

しかし何点以上のスコアなら履歴書に書いて、有利にはたらく可能性があるのか。
それは新卒と中途採用でも点数の基準が変わってきます。

【新卒】

550~700点

この点数以上のスコアを持っている方は履歴書に書いても良いとされています(日本企業のみ)

※ 2000年には、理系は470点でも履歴書に書くことを推奨していましたが、今は有利に働くことはありません。

【中途採用】

650~800点

この点数以上のスコアを持っている方は履歴書に書いても良いと考えます(日本企業のみ)

上記の点数が基準となってくると思われます。
やはり中途採用の方が求められる点数が高くなっていますね。

外資系企業 職種別の必要なスコア目安

実際に英語を使った仕事がしたい!と思っている方は外資系の企業に就職を考えている方も多いと思われます。
外資系の企業はどれくらいのスコアを求めているのか知らない方も多いはず。

下記に一覧をまとめましたので参考にしてみてください。

【外資系投資銀行】 900点以上

【大手総合商社】 850点以上

【外資系コンサル】 800点以上

【金融、マスメディア、旅行、ホテル】 750点以上

んーーーやはり高得点ばかりですね。

企業別 採用基準 TOEICスコア目安

大企業の採用基準とされるTOEICのスコアをまとめてみました!
参考程度にご覧ください。

900点
パナソニック(国際広報担当)
サムスン(新入社員足切り点数)

860点
富士通(海外出張が頻繁にある営業・技術者)
三菱商事(社内留学条件)

850点
NTTコミュニケーションズ(新卒採用)

800点
日立製作所(経営幹部候補)
KDDI(事務職・技術職の配属・異動の基準スコア)
韓国HYUNDAI(新入社員足きり点数)
LG電子(新入社員足きり点数)
住友不動産(採用条件)
野村不動産(採用条件)
日本マクドナルド (海外赴任条件)

750点
三菱商事(課長クラス昇格条件)
三井物産(入社3年以内に750点以上)
丸紅(入社5年以内に750点以上)
楽天(上級管理職昇格条件)

730点
日本IBM(次長昇格条件)
住友商事(管理職昇格条件)
ソフトバンク(新卒採用)

700点
NTT東日本(新卒採用)
ファーストリテイリング(新卒採用)
三菱電機(新卒採用)
ヤマト運輸(新卒採用)
旭化成(新卒採用)
ブリジストン(新卒採用)
東京電力(新卒採用)
三菱自動車の事務職(新卒採用)
伊藤忠商事(入社4年以内に)
キリンビール(事務職・技術職の配属・異動の基準)
シャープ(課長職昇格条件)

650点
日立製作所(課長昇格条件)
アサヒビール(新卒採用)
シチズンホールディングス(新卒採用)

600点
住友商事(新卒採用)
トヨタ自動車(係長昇格の条件)
NEC(全社員の目標スコア)
キヤノン(海外赴任者・国際業務従事者)
三井物産(入社時の最低基準)
富士通(入社2年目に社員に求める目安)
日本IBM(課長昇格の条件)
丸紅(入社5年目の条件)
日立製作所(総合職の入社2年目の期待値)
横浜ゴム(全社員の目標スコア)
日本ビクター(全社員の目標スコア)

580点
三菱商事(全社員に求める最低基準)

550点
住友金属工業(全社員の目標)

500点
帝人(課長級以上)

470点
AGC旭硝子(課長補佐)

新卒であれば、概ね700点以上あれば良さそうですね!

TOEICスコアと実際の英語力

TOEICのスコアはあくまでも自身の英語力の目安です。
TOEICが公式で発表しているスコアごとの英語力の目安を下記に記載いたしました。

TOEICスコア 900~990
自分の専門分野の高度な専門書を読んで理解できる。
英語を話す人達が行っている最近の出来事・事件についての議論を聞いて内容を理解することができる。

TOEICスコア 800~895
英語で書かれたインターネットのページから、必要な情報・資料を探し収集できる。
職場で発生した問題点について議論をしている同僚の話が理解できる。

TOEICスコア 700~795
会議の案内等の社内文書・通達を、読んで理解できる。
自分の仕事に関連した日常業務のやりかたについての説明を理解できる。

TOEICスコア 600~695
自分宛てに書かれた簡単な仕事上のメモを読んで理解できる。
ゆっくりと配慮して話してもらえば、目的地までの順路を理解できる。

TOEICスコア 500~595
電車やバス、飛行機の時刻表を見て理解できる。
打ち解けた状況で、 “How are you?””Where do you live?” “How do you feel?” といった簡単な質問を理解できる。

TOEICスコア 400~495
看板を見てどんな店か、どういったサービスを提供する店かを理解することができる。

もちろんこれはあくまでも目安になります。
もちろんスコアが900点あっても全然喋ることができない人もいますし
逆に点数はそんなによくなくてもペラペラ英語を話す方もいます。

必ずしもTOEICのテストがいいからといって英語がペラペラ話せるというわけでもなさそうです。

おまけ

とても面白い動画を見つけたのでご紹介します。

外国人からしたらTOEICのテストがこんな風に聞こえているんだーと理解できる動画です。

いかがでしたか?
やはり、ネイティブの外国人からしたらTOEICなんて簡単すぎるよ!ってことなのかなと思いますよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

職種別や企業別で求められるスコアが違っているのを
ご理解いただけましたでしょうか。
これはあくまでも目安なので参考程度にお考えくださいね!

TOEICの点数を上げることで人生の選択肢が増えることは間違いないので、みなさんも頑張ってTOEICのスコアアップを目指しましょう!!

Photo by:Michael

キーワード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加