Plus Life

世界に飛び出しライフスタイルに新たな刺激と感動を

日本から4時間半! セブ島英語留学 資料のダウンロードはこちら

2015/07/16 最終更新 2015/12/17

リスニングに最適!英BBCの無料英語学習サイト3つの特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BBC

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

無料英語学習コンテンツ「BBC Learning English」とは

みなさん、イギリスの公共放送局BBCをご存知ですか?BBCは、わかりやすく言えばイギリス版NHKです。

BBCが運営するWebサイト「BBC Learning English」では英語を学ぶ人のための英語学習コンテンツが用意されています。

英語学習コンテンツは初心者から中級者まで対応しており、音声、テキスト、映像付きコンテンツがあり、充実した内容になっています。しかも全て無料です。

音声データは、Podcastでも無料配信され、オフラインでもスマホでリスニング学習ができるので、リスニングのスキマ学習に最適です。これは活用しない手はありません。

そこで今回は、BBCの「BBC Learning English」のおすすめポイントをご紹介します。

BBC Learning Englishの特徴1.レベルや目的別にコースが用意されている

BBC

BBC Learning Englishには、レベル・目的別のコースコンテンツが用意されています。

初級者向けの「lower-intermediate course」、中級者向けの「Intermediate」、家族や友人とのグループ向け「English My Way」。

どれも勉強の流れは、映像を見たり音声データを聞いた後、内容に関連するクイズに回答し、その後、使用された単語やイディオム、文法の解説やTipsを読みながら、英語学習を進めていきます。

オーディオファイルのPodcastやスクリプト(PDF)の無料ダウンロードも可能なので、非常に勉強しやすい教材です。

初級者向けの「lower-intermediate course」であれば、1コース全30ユニット、1ユニット全5セッションの構成です。1日1セッションのペースでいけば約半年間くらいですね。

1セッションの勉強は、20~30分程度のボリュームなので、集中力が続くちょうど良いペースだと思います。

「call it a day」とは、「仕舞う」や「仕事に区切りをつける」という意味ですが、英単語の意味だけ理解していても、全く訳せませんよね。

日本語に熟語や慣用句があるように、英語にも単語の意味だけでは理解できない表現があります。それを”イディオム”と呼びます。

参考:
日常英会話、ビジネスでネイティブが使う英語イディオム11選

BBC Learning Englishの特徴2.ドラマ・ニュースなどさまざまなジャンルを用意

BBC

BBC Learning Englishの教材の内容は、ドラマ仕立て、ニュースレポート、ニュース用語に関する解説など、さまざまなジャンルのコンテンツが用意されています。

例えば、「6 Minute English」は名前通り、6分間の音声コンテンツで、時事問題や経済問題など、イギリス内外の最新の話題が取り上げられています。ビジネス英語の勉強にも最適です。

時事問題や経済問題は少し難しい内容もあるので、中級者向けです。

BBC Learning Englishの特徴3.スマートフォンでも勉強できる

BBC-Youtube

Learning Englishの映像コンテンツは、Youtubeでも配信されています。こちらはスマートフォンでの学習にとても役に立ちます。

また、もっとリアルでネイティブなイギリス英語を学びたい方にはこちらがおすすめ。

BBCNEWS

“BBCNEWSは、BBCニュースの最新映像をチェックできるスマートフォンアプリBBC Newsです。

こちらも無料でダウンロードができます。

リスニングに強くなるBBCの無料英語学習サイトまとめ

BBC Learning Englishの特徴をまとめてみましたが、なかなか使い勝手が良く、英語なれをしたい方の勉強には良さげです。

BBC Learning Englishのコンテンツは日本語には対応していませんが、強制的な勉強も時には重要だと思います。

最初はハードルが高いかもしれませんが、初心者向けの内容も充実しているので、一度確認してみましょう。

注意点としては、BBCはイギリスの公共放送なので、イギリス英語の特徴が強く出てしまいます。

英語は英語なので問題ないというのであれば、おすすめの学習コンテンツだと思います。

Photo by R/DV/RS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加