英会話

ネイティブが頻繁に使うクールでかっこいい英語フレーズ28選

Contents

どうせならかっこいい英語フレーズを喋りたい!

せっかく英語を勉強するなら、カッコイイ英語を喋りたいと思いませんか?

例えば…

「How are you ?」
「I’m fine. Thank you and you?」

日本の英語の授業で最初に習う最も有名な英会話例文です。

でもみなさん、このような会話を洋画で聞いたことありますか?おそらくほとんどの方がNOだと思います。

洋画やドラマを見ていると、「あれ、こんな表現習ってないぞ?」という英語がたくさん出てきます。

そしてそれは、ネイティブが話す実際の英会話の中でも同じです。

つまり、日本人が習う英語表現と実際に使われる英語表現にはかなりのギャップがあるのです。

日本の英語教育の根本的な問題…はさておき、ネイティブが使うカッコ良くて実践的な英語表現を集めてみましたので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

これらを使えるようになるだけで、「あ、英語使い慣れてる人なんだ」と思わせる事ができますよ。

挨拶のシーンで使うかっこいい英語フレーズ

「How are you ?」など、調子を効かれた時に使う英語フレーズです。

Couldn’t be better.(いい調子だよ)
I’ve been getting by.(そこそこやっているよ)
Lousy.(ひどいもんだよ)

もうI’m fine.は卒業しましょう。

この一言が言えるだけで、グッと英語達人度が上昇すること間違いなしです。調子が良い表現以外にも「まあまあの時」や「悪い時」の表現も合わせて覚えておきましょう。

Nothing changes.(何も変わらないよ)

斜に構えてクールに返答する時はこういった表現もあります。「Prison Break」で囚人の一人が使ってました。フレーズ自体は、とっても簡単ですよね。

何かお願いされた時に使うかっこいい英語フレーズ

It’s a piece of cake.(簡単さ!)
Nothing to it!(簡単さ!)
You got it!(了解!)

お願いを了承するシーンで使う英語フレーズです。「Ok.」だけでは気持ちは伝わりません。

断る時に使うかっこいい英語フレーズ

I’m ok. Thank you.(結構です。ありがとう)
I’m fine.Thank you.(結構です。ありがとう)
I’m straight.(結構です。)

遠慮するとき、断るときに使う英語フレーズです。

日本人がよく使う「No thank you」は少々強い表現なので、やんわりと断りたい時はこういった表現を使いましょう。

ただ「I’m straight」は使い方を間違うと、ちょっと恥ずかしい感じになります。「Are you gay?」の返答に使ったりとか……。

相手に賛辞を送る時に使うかっこいい英語フレーズ

That’s Awesome!(すごい!)
Incredible!(すごい!)
Give me five!(やったね!)

「Very good!」はそろそろ卒業しましょうか。「Give me five!」は片手、「Give me ten!」は両手を使ってハイタッチの意味があるので、実際に両手でハイタッチして、感情を表します。

お願いを快く承諾する時に使うかっこいい英語フレーズ

Why not ? (もちろんやるぜ!)
I’m on it!(いいよ!俺がやるよ!)

「Yes I can do it.」は普通過ぎるので完全に記憶から消しましょう(笑)

驚くような事を言われた際に使うかっこいい英語フレーズ

No way!(まさか!)
Give me a break!(冗談でしょ?勘弁してよ!)
You can’t be serious.(え、嘘でしょ!)

大袈裟なジェスチャーと共に使うとより強いメッセージになります。日本人はシャイだと言われていますが、英語を話せるようになると人格が変わる人が多いですね。ジェスチャーもへっちゃらです。

くれぐれも「Give me a break!」と言われて休憩場所を探さないようにしましょうね。

別れ際に使うかっこいい英語フレーズ

Time flies.(あっという間だったね)
Cool running!(よい旅を!)
All the best!(成功を願って!)
Hit me up!(連絡ちょうだい!)

「See you again」もついに卒業ですね。涙ながらに使う表現達です。

その他おすすめのかっこいい英語フレーズ

After you.(お先にどうぞ)
Go ahead.(お先にどうぞ)

ジェントルマンなあなたが覚えておくべき表現ですね。

No drama!(気にするな)
Never mind.(気にしないで!)

「Don’t mind」は通常使いませんね。なぜ使わない英語が当たり前のように知られているんでしょうか。

beats me!(さっぱり分からない。見当もつかないよ。)

I don’t understand.も卒業です。

Whatever.(どうでもいいよ)

やる気のないあなたにピッタリです(ウソ)。

ネイティブが使うかっこいい英語フレーズまとめ

いかがだったでしょうか?こういった表現を覚えておくだけで、会話の幅が広がるような気がしてきたと思います。

もちろん、フレーズを覚えるためには、実践してどんどん使っていくしかありません。まずは親しい友人や友人になりたい対象に対して使ってみてください。

日本語もそうですが、日常で使う英語なのか、ビジネスの場に適した英語なのかは、ビジネスの種類や話している相手によって変わります。

それらの使い分けも含めて、実践で使ってみなければ身に付きませんので、今日からこれらの英語表現を使い倒して、自分のものにしていってください。

この辺りを覚えておくと、より使い分けの感覚が身につくはずです。

参考:
日常英会話、ビジネスでネイティブが使う英語イディオム11選
ビジネス英語で最低限使い分ける7つの基本動詞英単語

英語を学ぶ上で大切なことは、「習うより慣れろ」ですから。

Photo by jessevaughan

ABOUT ME
kazu
ユナイテッド・リグロース共同創業者兼セブ島語学学校MBA代表。学生起業家→投資ファンド→セブ→海外起業という変わった人生を歩んでいます。セブ島に住んで3年。最近ではすっかり現地民に間違われるほど馴染んでいます。東南アジアでの挑戦を今後も続けていきます!
ミライズ英会話

ミライズ英会話は、英語を教えるプロ講師と学習をサポートするプロのパーソナルトレーナーが在籍する英会話スクール。高品質なマンツーマンレッスンと英語上達を効率よく進めるための英語コーチングで「実践で使える英語力」を目指すことができます!

オンラインで無料体験レッスン・カウンセリングも実施中!

公式ページ

関連記事